banner

効果測定方法

ホームページ作成時には効果測定方法を盛り込みましょう

効果測定方法ホームページ作成は効果を追及すれば非常に難しいものです。いくらデザインが良くても最初につくったデザインで本当に効果があるかどうかはわからないためです。より高い効果を求めるためには効果測定をしなくてはなりません。効果測定方法はいろいろありますが、最も簡単に導入できるのが「アクセスログ解析」でしょう。

1枚のページでも、ページの中でクリックされやすい場所とそうでない場所があります。訪問者はサイト内のボタン全てを押しているとは限りません。気になったところをクリックするのですから、できるだけ見てもらいたいページに誘導するためには、クリックされやすい場所を知っておく必要があります。またデザインによってもクリックされる可能性は変わってきます。ボタンのクリック測定をする場合、位置やデザインを変更する前と変更した後で、クリックされた回数を計測することで影響を計測することができます。

この検証は特にアフィリエイトをしている人や商品を買ってもらいたいと思っている人に有効です。ホームページ作成する場合は何度かデザインを変更することによって、最もアクセスの多いバナーの位置やデザインを調査すると良いでしょう。
どのようにしてアクセス解析をしたら良いのでしょうか。ワードプレスなどオープンソースで作られたページであれば、すでに簡単にアクセスログ解析ツールを導入する仕組みはできています。

フリーで公開されているカウンターをインストールし、ページの中に埋め込めば良いのです。自分でホームページ作成をした場合は、PHPやJAVAなどのカウンターを導入すると良いでしょう。ただしカウンターの機能が日ごとのデータがわかるような仕組みになっていないと、効果測定が難しくなります。ホームページ作成時にサーバーにそういったプログラムがインストールできるかどうかも確認しておきましょう。

最近のWebサーバーはPHPなどのプログラムに対応しているところが多くありますが、フリーのレンタルスペースを利用すると、サーバー側のプログラムを許可していないところもあるのです。しかし、そういった場合はGoogleアナリティクスなどの外部サーバーのプログラムを利用することができます。データを調査する方法は様々ありますので、ほとんどの場合無料で導入することができます。大切なのは導入して効果を計測したあと、より効果を高めるための努力を怠らないことです。

Copyright © 2017 ホームページ制作でお困りのあなたへ All rights Reserved.