banner

心得たい著作権

ホームページ作成の際に心得たい著作権

心得たい著作権インターネットが発達した今日においてホームページ作成は多くの人にとって興味深いものになりました。個人が趣味で作るということももちろんありますし、会社が自社の商品やサービス内容を紹介するうえでもホームページ作成は重要な役割を担っています。
ただそうした「ホームページ作成が身近になった」からこそ注意しておきたいのが「著作権」の存在です。

著作権とは著作物に関連する権利、つまり音楽や画像などについてはそれを作成した人が管理できるという権利のことです。
例えばあるマンガに登場するキャラクターをホームページ作成に使おうと考えるのであれば、そのキャラクターを作成した作者や出版社に対して「このキャラクターを使用したいので許可をしてください」と言わなくてはならないのです。
特に最近多くの人が見落としているのが「インターネットで公開されていた画像」で、これはどれだけ簡単に調達することが出来たとしても権利が他人にありますから勝手に使ってはいけません。

よく「インターネットで公開しているのだからみんなが使っていい画像だ」と考えている人がいるのですが、これは完全に間違った危険な認識ですからもしそのように考えていたのであればすぐに改めることが必要です。
実際こうした形で著作権を侵害し、それを権利を持つ作者などが見つけた場合には公開の差し止め要求が出される可能性がありますし、それに応じなかった場合には10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、法人が違反した場合には最大3億円の罰金と極めて重い処罰が下されることになります。

さらに言えばそうした権利関係をおろそかにしている会社となると信用もできないと判断されますから、ホームページ作成の際にはそこに掲載する画像や文書について本当に利用しても良いものなのかどうかということを考える必要があるわけです。
ちなみに時折不安に感じる人がいますが「自分たちで写真を撮影した際、背景に特定の会社の名前や商品が映り込んでしまった」というようなケースであれば著作権の侵害には該当しません。
これはその著作物を利用しようとする意図があったわけではないからです。

ただこうした判断についてはやはり難しいところもありますから、法人など信用を損なうことができないような場合でホームページ作成をする際にはプロの助言を受けることがお勧めです。
特にプロに依頼をすればより効果的なホームページ作成も可能になりますので、より高品質で法的に問題の無いホームページを目指すのであればプロに相談してみましょう。

Copyright © 2017 ホームページ制作でお困りのあなたへ All rights Reserved.