banner

成果によって評価

ホームページ作成と運営は成果によって評価される。

成果によって評価ホームページ作成において肝心なのは、実は制作時の熱意ではなく、後々の見直し作業の継続です。これはホームページ作成者の責任であると言い換えても良いでしょう。責任などと書くと大げさなように思われるかも知れませんが、以下の説明でご理解いただけるはずです。
インターネットの世界には、もう数えきれないほどのウェブサイトが存在します。

そしてそれぞれのホームページ作成者は、一様に閲覧者に納得してもらえるように心を砕いています。その世界に新たなウェブサイトを投入するということは、それら既存のホームページとの競合ということになるのです。テーマが一般的なものであればあるほど、競合するウェブサイトは多くなります。そしてインターネット利用者は、その中で最善のウェブサイトから情報を得ようとするでしょう。つまりあなたが新たにホームページを制作して投入するということは、インターネット利用者に対し「これがあなたの求める最善のウェブサイトですよ」と意思表示することに他ならないのです。

ホームページ制作の動機は、個人であれば趣味の情報の発信、企業であればマーケティング、研究者であれば学会発表に匹敵するような場を作ることにあります。基本的に良質なホームページ作成ができれば、アクセス数は質に比例して多くなるはずです。制作者自身ではそのことが把握できないかも知れませんが、例えばアクセス解析をすることによってどのような属性の閲覧者が、いつ、どれだけあったか、が分かるはずです。そうした情報を元にホームページにメンテナンスの手を加え、より良いものにして行くことが必要になるのです。そのためホームページ作成は、作成者と閲覧者の共同作業ということもでき、作成者が制作時の熱意だけではなくメンテナンスに心を砕くことこそがその責任を果たすことだと言えます。

ホームページの制作者・運営者が企業であれば、閲覧者が沢山訪れて商品やサービスを購入するのがその成果だということになるでしょう。この場合が一番分かりやすいと思います。つまり企業のマーケティングが成功し、結果ビジネスが成功するということになるのですから。そのためにはやはり、作れば作りっぱなしではなく、毎日のようにメンテナンスをして試行錯誤を続けながら最適な運営を模索することが必要なのです。趣味のホームページであれば成果は二の次になるかも知れませんが、最適な運営をすべきである理由は同じです。ただ単に死活問題になるかならないかということです。

Copyright © 2016 ホームページ制作でお困りのあなたへ All rights Reserved.